アフラックの個人年金や医療保険などの各種保険は楽天で!
個人年金、年金保険なら楽天で♪


└ 学資保険のお話

子供の教育費は大学まで行かせるとどれ位掛かるの?

子供の教育費は大学まで行かせるとどれ位掛かるの?て、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。学資保険への加入を考える場合に、まず問題になってくるのが満期の受け取り金額だと思います。学資保険を利用する方の中には、子供が大学を卒業した後に満期日を設定し、目的を就職資金や結婚資金とされている方も少なくないようですね。ですが、子育てにおいての教育費用って、想像している以上に掛かるものですよね。自分の子供が大学まで進学したとして、一体どれ位の教育費が掛かるものなのか、文部科学省の子供の学習費調査を元にして見ていきましょう。

先ずは、幼稚園です。授業料、給食費、習い事等を合わせた三年間の学習費の合計は、公立で約75万円、私立で約162万円となっているようです。次に、小学校の授業料なんですが、給食費、学習塾や習い事等を合わせた六年間の合計は、公立で約200万円、私立で約824万円となってるようです。そして、中学校の三年間の合計は、公立で約142万円、私立で約381万円となり、高校の三年間では、公立で約156万円、私立で約314万円となっているようですね。

最後に、大学なんですが、入学費用と在学費用等を合わせた四年間の合計は、国公立大の学費で約518万円、私立大学の文系の学費で約671万円、私立大学の理系の学費で約828万円。大学の場合、実家を離れて一人暮らしをするのか等によっても金額は大きく変化するでしょうから、注意が必要なようです。又、学資保険は満期時に一括で学資金を受け取るイメージがあるかもしれませんが、自分の計画に合わせて受け取る時期を細かく設定する事も出来るようですよね。このような方法を上手に利用してみるのも良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒学資保険

関連記事
学資保険を選ぶ時の保険会社の選び方は?
学資保険の保険料は一括払いの方が得なの?
学資保険の貯蓄型や保障型って?
学資保険は税金は掛かるの?控除は出来るの?確定申告や年末調整は?
学資保険って入れない場合もある?
今の学資保険から見直したい時はどうすれば良いの?
学資保険に加入するメリットやデメリットって?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。