アフラックの個人年金や医療保険などの各種保険は楽天で!
個人年金、年金保険なら楽天で♪


個人年金のお話

老後に必要な資金って?

老後に必要な資金って、どのくらい掛かるんでしょう?とっても気になりますよね。老後を夫婦二人で暮らすと想定すると、食費で約5万〜6万円、水道や光熱費で約2万円、生活に必要な物の購入に約1万円、更に、衣料品や保険料、交通費や通信費等を合わせて、一ヶ月生活するのに、必要最低限の出費だけでも約23万〜26万円程度は必要になるのでは・・・。

これらの生活費に加えて、趣味や楽しみに使うお金を合わせると、ゆとりのある老後を送る為には、月に約38万円程度は必要だと言われているようですね。他にも、住宅のリフォーム費用だったり、子供の結婚費用など、一時的な支出が必要になる事もあるでしょう。又、病気や怪我等で治療費が必要な事もあるかもしれませんし、自分の葬式代くらいは残しておきたいという方も多いのでは・・・。

現在の平均寿命の85歳で考えると、定年退職後の老後生活を送る上で、9,120万円程度は必要となる計算になってくるんですよね。これらの生活費用は、当然、定年後の公的年金や企業年金、貯金などで賄っていかなくてはいけません。働いた環境などで個人差は有るんですが、定年後に夫婦二人で受け取る事の出来る公的年金は、月に約20万〜23万円となっているんです。

必要最低限の生活費として考えても、公的年金だけでは毎月3万円程度不足し、一年では36万円も不足する事態が想定されるんですよね。実際に貰える年金の額は、とっても大雑把な計算になるんですが、792,100円×加入年数÷40年で、一年に貰える年金の金額が計算出来るんですが、どれだけの年金が貰えて、年金以外で老後に必要な資金は、どのくらいかを考えておくと良いでしょうね。

関連記事
年金が未納だと、どうなるの?
年金って、いつ、いくらもらえるの?
年金の種類って?
公的年金だけで大丈夫?
個人年金って?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。