アフラックの個人年金や医療保険などの各種保険は楽天で!
個人年金、年金保険なら楽天で♪


厚生年金のお話

厚生年金ってパートの場合はどうなの?

厚生年金ってパートの場合はどうなの?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。厚生年金って、パートの場合は加入出来るんでしょうか?パートの方は気になる問題ですよね。厚生年金の加入をパートにまで拡大するという政策については、飲食業や流通業等の関係業界から猛烈な抵抗があるようで、当初の企画通りには進められていないようなんですね。

ですが、パート労働者に対する厚生年金保険等の適用拡大について、厚生労働省の最終案が明らかされているんです。それによると、
▼適用基準
・週の労働時間が20時間以上である。
・当面、月額98,000円以上の賃金を得ている。
・一年以上の勤務期間がある。
▼経過措置
当面、従業員300人以下の中小零細の事業所は適用を猶予する。
とされているんですね。

なぜ、飲食業や流通業等の関係業界が猛烈な抵抗をしているのかって言うと、これらの関係業界では多数のパートを雇っている関係上、厚生年金加入が義務付けられると、厚生年金の半分の会社負担が重くのし掛かる為、会社経営の問題になりかねない背景があるんですね。

それに、加入対象とされるパート勤務者の方も、毎月の給料から社会保険料が差し引かれて現金収入が減る為、厚生年金の加入に乗り気でない方が多いようで、会社とパート勤務者の利害が一致した結果でもあったようなんです。

ですが、パートによる厚生年金の支払いの損得については、厚生労働省の試算があるんですね。それによると、サラリーマンの妻のケース等では、月収10万円で厚生年金に1年間加入すれば、年間約9万円の保険料負担で、老後の年金額を年に約16万円増額出来るとされているんです。

この計算ですと、国民年金保険料を払っている月収10万円の方の場合には、厚生年金加入の方が保険料が安くなる事になるんです。厚生年金って言うのは、勤続年数と給料の額とで受け取り金額がそれぞれ違ってくるんですが、国民年金よりははるかに受給額は多いんですよね。

確かに社会保険制度の信頼度は著しく落ちている現状なんですが、高齢化社会での老後設計を考える時、年金を多く受け取る仕組みをパートまで拡大していくと言う方針は、考えれてしかるべき要素であると言えるんですよね。早く、双方が納得のいく厚生年金のシステムを構築して欲しいものですね。

関連記事
厚生年金の配偶者の扱いは?
厚生年金は住所変更した時は?
厚生年金の受給額の計算方法は?
厚生年金の受給資格は?
厚生年金の支給額と受給額は?
厚生年金の保険料って?
厚生年金保険って?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。