アフラックの個人年金や医療保険などの各種保険は楽天で!
個人年金、年金保険なら楽天で♪


健康保険のお話

健康保険の高額医療って?

健康保険の高額医療って、どうなっているんでしょうね。健康保険では、長期入院や治療が長引く場合等は、医療費の自己負担額が高額になってきますよね。健康保険自体は、治療に係わる負担を軽減する為のものなんですが、重い病気等の場合は、それでも自己負担の治療費が高額になってしまう場合もありますよね。

その為に、健康保険では自己負担の限度額を設けていて、それ以上の治療費の部分を高額医療費に対する給付として支給するようになっているんですね。但し、保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時生活療養費は対象にはなってないので、ご注意下さいね。

又、高額医療費の自己負担限度額に達しない医療費の場合でも、一件の自己負担分が21,000円を超えていた治療が二件以上有った場合には、それらを合算して自己負担限度額を超えた部分の金額が支給される事になるんですよ。

又、自己負担の限度額については、70歳未満の場合と70歳以上の場合では異なってるようです。それに加えて、被保険者の所得金額によっても限度額が変わってくるようですね。それと、高額医療に関する自己負担限度額は、三回目までと四回目以降では異なってくるようです。

このように健康保険の高額医療については、それぞれの場合によって変わってくる為、とっても複雑な計算となってくるようで、医療機関などで確認されるのが良いかもしれませんね。そして、高額医療費の自己負担額以上の支給は医療機関などの確認で三ヶ月程度かかるようなので、無利子の貸付制度なども有るんですね。又、介護保険からも同様の高額医療合算介護サービス費としての支給も有るようですね。健康保険って、やはり有難いものですね。

関連記事
健康保険で高額医療費を支払った時は?
健康保険って退職した場合は?
健康保険の被扶養者異動届って?
健康保険での扶養って?
健康保険の被扶養者って?
健康保険の任意継続って?
健康保険の加入って?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。