アフラックの個人年金や医療保険などの各種保険は楽天で!
個人年金、年金保険なら楽天で♪


傷病手当のお話

傷病手当って、もし退職したら?

傷病手当って、もし退職したらどうなるんでしょう?気になりますよね。この傷病手当金って言うのは、健康保険から支給される病気や怪我で就労出来ずに企業から給与が支払われない、又は、減額されて支給されている場合に、最大で標準報酬日額の60%相当額が支給される手当金なんですよね。

この傷病手当金は、企業に就職している方が、病気や怪我で就労出来ずに給与が支払われない場合が対象となっているんですが、この傷病手当金は、受給している最中に退職をしても、退職後にも継続して受け取る事が出来るようです。

これは、病気や怪我により就労出来ない為の生活保障になっているので、その最中に退職となった場合、再就職活動などが出来ないのは当然です。なので、傷病手当金は受給を始めて療養が終了するまで(最大1年6ヵ月)が受給出来るんですね。

この傷病手当金は、医師の証明と企業の証明が申請書に必要になるんです。この傷病手当金を受け取っていた場合に退職したとすると、失業手当の受給対象になるんですが、実質的に働けない状態ですから、失業手当の受給対象(働く意思がある)にしても、実質的に再就職の活動は出来ないわけですね。

この場合は、失業保険の受給を30日以上の病気や疾病がある場合、遅らせる事が出来るんです。この受給期間の延長の最大は3年間となっており、この期間中に病気や怪我の療養や再就職活動を行う事が出来るんです。勿論、病気や怪我をしない事が最も望ましいんですが、もしそのような場合でも、決して諦めずにいろいろな手法で生活防衛を検討すると良いですね。

関連記事
傷病手当の給付は?
傷病手当の期間って?
失業保険の傷病手当?
国民健康保険の傷病手当って?
雇用保険の傷病手当って?
健康保険の傷病手当金支給申請書の書き方って?
傷病手当って?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。